コードが届く範囲で設置する必要がある

  • 口コミ比較ランキング
  • ウォーターサーバーをレンタルしたい方へ
  • 	ウォーターサーバーのお役立ち情報
  • ウォーターサーバーの利用方法
品質の良い安心できるウォーターサーバーを口コミ情報を元に紹介!!

コードが届く範囲で設置する必要がある


コンセントは適度な長さを保ちましょう。
ウォーターサーバーを使用する上で、コードが届く範囲で設置しなければならないといった注意点があります。
アース線と一体型の物もあり、端子部分は確実に接続する必要があります。
コンセントに差し込むと(物によりスイッチの有り無しはありますが)冷温同時に電源が入ります。
ウォーターサーバーのコンセントを抜いたままにしても、雑菌等を繁殖させる原因になる事も忘れずに置きましょう。

配線はなるべくシンプルにする事も重要です。
本体自体の熱や電気系統による火災の危険性が出てくる為です。
発火の危険性が出てきますので、延長コードやタコ足配線は避けてください。
コンセントの差し込み口にホコリや汚れが溜まっていたりしてしまうと、ウォーターサーバーに限らず家電製品には大変危険です。
また、プラグの接続部分の緩みやタコ足配線による加熱が原因の火災が最も多いという事例も挙がっています。
電気コードの踏みつけ、挟みこみによる配線のショートや、差し込みプラグ差し刃間のほこりと湿気から発生したトラッキング火災も多い様です。

コンセントに関する注意点
・タコ足配線をしない
・延長コードはの使用は許容電流の範囲内でする
・プラグの差し込みが緩いコンセントやテーブルタップは交換する(プラグはしっかりとしたものを)
・定期的に差込みプラグを抜いて掃除する
以上の事にも注意して使用しましょう。

その他にも、差し込みプラグを抜く時はコード部分を持って引っ張らない、コードの上に物を置かず、折り曲げた状態や、束ねたまま使用しないと言った事にも気を付けなければなりません。

会社によってはウォーターサーバーの背面に転倒防止ワイヤーで、壁に背面をある程度近付け固定し、コードを短く使うという商品もある様ですので、その場合宅配を依頼した会社に問い合わせてみると良いでしょう。
コードに少しのゆとりを持ち安全に設置する事が大事になってきます。

天然水のウォーターサーバーNo.1 コスモサーバー

ウォーターサーバーの口コミ・評判